« ブックカバーの作り方 | トップページ | カフェエプロン »

2009年9月 3日 (木)

裂き編みでポットマット

012 かのこ地のTシャツ

まだはっちが生まれる前に買ったから・・・げっ!もう8年以上前なんだっ

だいぶ頑張ってくれたTシャツ、もうちょっと頑張ってもらおうと昨夜チョキチョキしてポットマットを作りました。

いや~昨夜は寝つけなくて
思い切って起き出して、かさこそやっていた訳なのです。

裂き編みをするとき、色々な切り方があると思うんだけど、私はこんな感じで切っていくんだ。

① まず、裾の2重になっているところを切り落とし、
013_2

② 幅1.5cmくらいにグルグルと切っていくの。
   1周目が終わり、2週目に入るときは意識して斜めに切り、太くなってしまうところをカット
   後は、ひたすらグルグル・・・グルグル
014_2_2

③ 脇の下まできたら、袖口の2重になっているところを切り落とし、袖→後ろ身頃→反対の袖→前身頃と、外側から内側に向かってグルグル・・・グルグル
016

④ 衿部分まできたら、今度は衿を折り返し地点にして、行って帰ってって感じで切っていって、
018_2

⑤ 衿が外れたら、残りは外側からグルグルと渦巻状に切って・・・
   切り終わったら、ひも状になったTシャツを玉巻にするんだ。
019

1枚のTシャツから2枚のポットマットが出来ちゃったよん
鍋つかみにしてもいいし、冷蔵庫から出したペットボトルにつく水滴も吸い取ってくれる。
今回の目的は、コーヒーポット用のマットなんだ~

裂き編みの時は、いつも細編みで編んでいます。
かぎ針は7mmのぶっと~いやつ。

丸く編むときは、輪で編み始めるやり方で、2段目は増やし目して、3段目からは編み目の様子を見ながら増やします。
次の目にいくには幅が足りないって感じだったら増やし目をして、そうでないところはそのまま次の目に。
裂き編みの場合、糸の太さがまちまちなので・・・。
同じところばかりで増やし目をすると、カクカクってなちゃうので、そこだけ気をつければ大丈夫~
まぁ、完全に円形にならなくったっていい訳だしさ

四角に編むときは、1段目を編んだら裏に返し、2段目を編んで・・・と編んでいって、最後に周りを細編みで縁編みすると角がふね~ってならないみたい。
この時、角の1目には3目入れて増やし目してあげます。

縞々のTシャツ、こんな感じに編みあがったよ~

002_2_2  

クリックして応援してくださいね
      ↓ ↓ ↓ 
    にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ

|

« ブックカバーの作り方 | トップページ | カフェエプロン »

手作り」カテゴリの記事

コメント

裂き編みも気になってたの~
カラフルなTシャツで作ると可愛いね。
うちにはこんなカラフルなTシャツないなあ・・・
パパの黄ばんだ白いTシャツで作ったら、使う気しないよね

投稿: せいら | 2009年9月 3日 (木) 16時17分

せいらさん
思いっきり黄ばんでたら、それが模様になるカモ
にゃは~
お下がりにはまわせないほどシミシミになっちゃった子供のTシャツも結構グーかもしれないね。

切るとき&編むときは、床が結構スゴイ事になるから、掃除する前がお勧めです。
鼻からいっぱい吸い込んだ気がしたもん

投稿: ゆっきー | 2009年9月 3日 (木) 18時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裂き編みでポットマット:

« ブックカバーの作り方 | トップページ | カフェエプロン »