« 夏休みを終えて | トップページ | ガスで炊飯のススメ »

2009年8月25日 (火)

ピンクッションの作り方

022 ピンクッション

今日は、ごちゃごちゃになって整理しなくちゃって思っていたまち針を整理して、ついでにピンクッションを作ったよ~ん

私は縫物をしている時、ピンクッションをあっちこっちに動かすので、どっかりしているものが好き。
だから、ピンクッションを陶器に突っ込んで使っているんだ。
そうじゃないと、コロコロ~って転がり落ちたりするから。

では~ピンクッションの作り方デース

① 作りたい大きさのだいたい2倍くらいの円を書いて、切る
002 003 004  

私は6cmくらいの容器に入れるピンクッションを作りたかったので、だいたい12cmくらいの大きさのポットの底で型をとったの。
きっちりした寸法じゃなくても問題なし!
大体こんなもんか?って感じで大丈夫。

② 布端から5mmくらい内側をぐし縫いする。
005

③ 一度糸を絞ってみて、サイズを確認。
006 007

④ 飾りをつけたい場合、絞った糸を元に戻して、ここでつける。
   今回は自分で編んだレースをつけてみました。
   結構テキトーな感じで、まつり縫いでつけました。
008

➄ もう一度糸を軽く絞ってから、詰め物をする。
010

まずは綿(わた)を少し入れて、
012

ちょっと気持ち悪いけど、髪の毛を入れる。
これは、針がさびにくくするため。
013_2

それからまた綿(わた)をぎゅぎゅ~っと詰める。
014

⑥ 糸を引いて口を絞る。
015

⑦ 軽く形を整えてから、口を粗いぐし縫いで一周縫って玉留めする。
   口は後で布を縫い付けるので、開いていてOK!
   鉛筆のような棒状のもので、さらに綿(わた)を少しずつ詰めながら形を整える。
    (私はパンパンのピンクッションが好きなので、ぎゅっぎゅっと綿(わた)を詰めて作っています。好みで決めてね。)
016 017

⑧ 開いた口のところに縫いつける布を用意する。
   開いた口よりもひとまわり大きいサイズに切ります。
018

⑨ 切った布を開いた口のところにまち針で止めて、布端を内側に折りこみながら縫い付けていく。
019 020

⑩ 容器にぎゅぎゅっと押し込んで・・・完成~
023

↑四角い小鉢に入れました。
これ、おせち料理に入っていた小鉢なんだ~
丸い容器に入れたほうが可愛いけど、四角い容器のほうが手が滑らないから、オドジな私にはコチラのほうが使いやすいんだよね。

レースを境に、まち針とその他の針を刺してみた。
左奥に見えるのは、糸きりばさみ
私はこんな風に、かどっこに糸きりばさみを突っ込んで使ってる。

今まで頑張ってくれていたピンクッションは、本当は手首にはめて使えるように作ったもの。

024

でも、はっちが生まれてからは、腕にしていると危ないから容器に入れて使っていたの。
容器に入れて使ってみたら、これがなんとも便利で、それ以来ずっとピンクッションは容器に入ったまま

025

カゴに入っているのは、はっちに初めて作ってあげたピンクッション。
カゴの小ささは、隣の糸でわかるでしょ?
ちょい縫い用のピンクッションだよね。

026

赤いバケツのは、去年はっちに作ってあげたもの。
この赤いバケツ、クリスマスに幼稚園からお菓子をもらえるんだけど、確かそのお菓子の入れ物だったんじゃないかなー?

009

中に入れる髪の毛、はっちが小さい時のもの。
ちょうどピンクッションを作ろうと思っている時に、はっちが美容院で髪を切ったので、ちょいと恥ずかしかったけどもらって帰ったの。
自分の髪の毛だとちょっとなーって感じだけど、子供の髪の毛は柔らかいからそんなに気持ち悪くない・・・かな

ずっと座っていたから、腰が痛っ

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 今日作ったものへ
にほんブログ村

|

« 夏休みを終えて | トップページ | ガスで炊飯のススメ »

手作り」カテゴリの記事

コメント

髪の毛(;●д●)
びっくり。
うちの母も作ってたな〜
でも髪の毛はないかも^_^;


ほんま何でもちょちょいのちょいやな〜(^∀^)
はっちも縫い物するの?
うちは全く。
なんせ、さくらもしたがるからさ〜(+_+)これまたやっかいで。


夏休み、沢山おでかけしてるね♪
うちは福岡帰省のみ(●д●)

子供たちは楽しんでたからそれでよしかな(^ー^)

投稿: えみ | 2009年8月25日 (火) 18時22分

えみちゃん
どうして髪の毛を入れると錆びにくいのかは忘れちゃったけど、母が良くそう言って入れてたんだ。

はっちは気が向いた時だけ~。
端切れを取っておくと、そこからゴソゴソ取り出して使うんだ。
大きい布を頂戴!って言われるけどね・・・

おねえちゃんがしたら、さーちゃんもしたいよね。
私は妹だったから、さーちゃんの気持ちわかる!!
さーちゃんがやるとなったら、つきっきりで見てることになるし
針で怪我することよりも、まち針や縫い針をどこかに落としちゃっても気づかないのがコワイかも

福岡帰省で普段出来ないことが出来ちゃうっていいよね。
ベランダプールとか、凄く喜ぶもん。
海で貝殻ひろいもうらやましいわぁ
プラス、子供たちは帰省って言うよりも旅行気分じゃない?

投稿: ゆっきー | 2009年8月26日 (水) 05時55分

私も髪の毛にびっくり!
母が和裁をしてたんだけど、その針山に髪の毛が入ってたんだ。
何で髪の毛なの?って子どもの頃思ってたら、さびにくくさせるためだったのね。30年たってようやく解決したわ。
はっちもちくちくするんだね。
はっちの作品も見たいな~

投稿: せいら | 2009年8月26日 (水) 14時57分

せいらさん
ヌハハ・・・やっぱり髪の毛ってビックリしちゃうのかな。
でもさ、本当になんでなんだろうね。
どうしてさびにくくなるんだろうか?
多分昔は髪の毛100%で作っていたんだと思う

はっちの作品・・・
今度はっちがその気になって何か作ったらアップするわ~。
ビックリして見なかったことにしないでねん

投稿: ゆっきー | 2009年8月26日 (水) 17時15分

ピンクッション)可愛いね~
私も来月美容院に行こうかと思ってたから、もらってこよう。子どもたちは数日前に行ってしまったので
私も子どものとき、母が使っていたサテンのピンクッションから髪の毛がちくちく飛び出ていて、理由を聞いた覚えがあるわ。なんでも知恵やね~
ゆっきーはそれをよく覚えていて活用しててすごいわ

投稿: のりのり | 2009年8月28日 (金) 08時34分

のりのりさん
小さい頃にしつこく(?)言われたことって忘れられない
編棒・かぎ針はぬらしちゃダメとか、布切りバサミは紙を切ったり、落としちゃダメとか。
「桃栗三年、柿八年、瓜の馬鹿は二十年」ってのもあって信じていたのに、「瓜の馬鹿は二十年」ってのは嘘っぱちだった。
しかも母はその発言を覚えていないときたもんだ
子供にいい加減なことは言っちゃいけないなって思ったよ。

髪の毛100%で作るのなら、生地を二重にするといいカモです。
一枚だと髪の毛が遠慮なく飛び出して来ちゃうので
特にリネンで作ると織り目が粗いから、チクチク飛び出すんじゃなくて、じゃじゃ~んって飛び出しちゃう・・・一度経験アリなのでした

投稿: ゆっきー | 2009年8月28日 (金) 09時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピンクッションの作り方:

« 夏休みを終えて | トップページ | ガスで炊飯のススメ »